どんな地形にも設置可能 | 避難用・点検用階段専門(設計・製造)


階段設置の課題を解決できる3つの理由

どんな地形にも設置可能

ゆるい角度から急角度まで、どんな場所にも設置可能

一般の方の利用を目的とした避難用の緩い角度の階段から、点検用などに用いられるはしごに近い角度の階段まで、現場の状況や用途に応じてフレキシブルに設計・製造しています。
基本的には施主さまからのご依頼に従って設計・製造しますが、弊社のノウハウから最適な設置を提案し、採用していただくケースも多くあります。

全長340m(3段分の通路総全長1043m)点検通路 ≫事例を見る

豊富な設計実績

法面階段の設計は平成9年から開始。平成29年までに●●件の製品納入実績を誇ります。自然の地形が相手なので、その間、同じ設計は一つもありません。
一現場ごとにオーダーメイドで対応し、複雑な地形にも対応できるノウハウを積み上げてきました。

斜面を長いルートで這わせる場合でも、効率的な設置を考えて設計するノウハウを持ち、東日本大震災以降、津波避難用階段などを全国の自治体から多数お問い合わせをいただいています。
複雑な地形に階段を設置できる企業は全国でも少なく、最終的にご相談が寄せられる〝駆け込み寺″的存在になっています。
納入先も、〝国″から〝民家″まで様々です。

国土交通省、農林水産省、経済産業省、防衛省、環境省、県・市町村の各地方自治体、民間企業では、JRをはじめ私鉄各社、高速道路各社、中国電力、東北電力、NTTやソフトバンク、auといった情報・通信会社様などに実績があります。

豊富な納入実績とノウハウをもとに、最適なご提案が可能

設置面が急傾斜でも設置可能な設計 ≫事例を見る

擁壁検査路 ≫事例を見る

ダムの付帯設備の点検用 ≫事例を見る

不規則な局面に歩廊を設置 ≫事例を見る

勾配の変化に対応した法面点検階段 ≫事例を見る

漁港や水産加工工場で従事される方の避難路 ≫事例を見る